FC2ブログ

犬の仮宿-本当のおうち、探している子がいます。

繁殖場からレスキューされてきた保護犬をお預かりし、仮宿の女将を務めていましたが、お預かりしていたキャバリアの「さくら」は、我が家の一員となりました。今後は、さくらの後輩たちのための“Web仮宿”として、保護犬たちの紹介をしていきます。

08月« 2018年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … はじめましてBLOGTOP » ごあいさつ » TITLE … はじめまして

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして

kariyado_kanban01.jpg

はじめまして。『犬の仮宿』でございます。
11月11日、ワンワン、ワンで“犬の日”の本日、このブログをはじめました。

このたび、Japan Animal Parkさまが悪質な繁殖場から救出した犬たちのうち、キャバリア2頭を一時預かりさせていただくことになりました。

犬を飼うのは初めて。しかも、集合住宅住まい(大家のどうぶつ飼育許可有)、先住猫4名、人間の子どもは7歳と1歳。これで本当に一時預かりがつとまるのか、ずいぶん悩みました。
J.A.P.さまに問い合わせのご連絡をした後も、何度も家族会議(時には修羅場レベルの^^;)が繰り返されました。

ただ、今回のブリーダーからのレスキューは、とにかく緊急事態。
「何をお手伝いできるかわからないから何もしない」よりは、「何をどこまでできるかわからないけれど、できることをできるところまでやろう」の方が、今回に限ってはマシなのではないか。
本当なら、いのちを預かるという選択は、もっともっと慎重でなくてはならないけれど、今は、とにかくこの子たちのいのちを次のステージにつなぐことを最優先に考えるべき状況ではないか。
ならば、本来ならば犬を迎えるには不適切かもしれないこの環境も、本当の飼主さんとめぐり合うまでの『仮宿』程度には役に立つかもしれない。

そんな思いから、正式に一時預かりに立候補させていただきました。

現在、キャバリア2頭をお預かりする方向で、最終調整中です。
来週には、レスキューのその日からずっと2頭一緒に過ごしてきたペアを、そのままお迎えする予定です。

仮宿の最初の逗留客となる、2名のお客様。
本当のおうちへと“帰る”その日まで、女将の私がお世話させていただきます。


滞在中の様子を、J.A.P.の皆様や、未来の飼主さんにご報告するため、このブログを開設しました。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

テーマ:里親探し - ジャンル:ペット

« 前の記事へ  | HOME | 

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう