FC2ブログ

犬の仮宿-本当のおうち、探している子がいます。

繁殖場からレスキューされてきた保護犬をお預かりし、仮宿の女将を務めていましたが、お預かりしていたキャバリアの「さくら」は、我が家の一員となりました。今後は、さくらの後輩たちのための“Web仮宿”として、保護犬たちの紹介をしていきます。

10月« 2018年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 健康診断を受けてきましたBLOGTOP » さくらの記録 » TITLE … 健康診断を受けてきました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康診断を受けてきました

sakura002.jpg

さくらは、どうしてもベッドで寝ません。
まだ、ベッドを「入って安らいでいい場所」と認識していないようです。
おトイレのシートの上が、一番くつろげるようです…


さて。
今日は、仲居ABCD(猫ズ)かかりつけの動物病院に、さくらの健康診断をお願いしてきました。
さくらちゃんの体重、5.7kg。

先生から受けた指摘は…

・かなり長期にわたる、慢性の外耳炎→
  ・炎症の刺激と掻き続けた刺激で、耳の穴の形が変わってしまっている
   (腫れて一時的に形が変わるのではなく、格闘家の“ぎょうざ耳”のような、もう元に戻らない変形)
  ・マラセチアという真菌(カビ)の繁殖
・重度の歯槽膿漏→歯石除去では“手遅れ”。相当な本数の抜歯が必要
・両後肢の膝がはずれている→でも生活は問題なくできるので、治療の必要はなし
・キャバリアの遺伝的疾患である心臓病、僧帽弁閉鎖不全症(弁膜症)は、まだ発症していない
・歯の状態が悪すぎ、歯からの年齢推定は不可能。白内障や僧帽弁閉鎖不全症がまだ発症していないことから、7歳前後という保護主さんが前飼育者から聞き出してきた年齢でほぼ合っているのではないか
・今から『しつけ』を入れるのは、非常に難しい

とのことでした。

外耳炎についての、先生の説明は…

・耳の中には、脂分を分泌する腺がある
・マラセチアという、どこにでも(犬猫や人間にも)いるカビがいて、普段は何の悪さもしない
・マラセチアは脂や湿気を好むので、犬の耳がジメジメしたり、体質的に脂の分泌の多い子だったりすると、マラセチアが異常繁殖する
・ねっとりと黒く、醗酵した独特の臭いの耳垢が出るようになる
・マラセチアによく効く抗真菌剤があるので、これで治療をすすめる

とのことでした。

さくらをお預かりするとき、J.A.P.様から「湿気の多い場所にいたのかも」という申し送りを受けていますが、そうだとしたら、それもマラセチアの異常繁殖の原因なのかもしれない、と思いました。

抗マラセチアの点耳薬を、いただいてきました。
1日1回、耳の中に1滴落として、もみもみ。もう1滴を指にとって、ぬりぬり。これを両耳に。
最初は毎日。良くなってきたら週3、週2、週1…と減らしていき、完治したら終わり。
ただ、その後もし再発したら、脂の多い体質と思われるので、その場合は定期的にずっと続けていくべき、とのことでした。

外耳炎の経過、歯槽膿漏の処置…しばらくは頻繁に先生のお世話になりそうです。
先生、どうか、よろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

テーマ:動物病院 - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう