FC2ブログ

犬の仮宿-本当のおうち、探している子がいます。

繁殖場からレスキューされてきた保護犬をお預かりし、仮宿の女将を務めていましたが、お預かりしていたキャバリアの「さくら」は、我が家の一員となりました。今後は、さくらの後輩たちのための“Web仮宿”として、保護犬たちの紹介をしていきます。

11月« 2018年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … さくらは、どうして…BLOGTOP » 女将の気持ち » TITLE … さくらは、どうして…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらは、どうして…

さくらをお預かりして以来、ずっと考えていました。
何故、ひどい飼い方をされていたはずなのに、さくらはこんなに人を信じているのだろう?と。



預かり初日、いきなりの看板娘(1歳)との対面にも、まったく動揺しなかったさくら。
仮宿の誰に対しても(猫にも)、臆せずに「遊ぼう」サインを送るさくら。

キャバリアは歴史的にも愛玩犬なので、近年まで猟犬や作業犬だった犬種よりも人懐っこいという理由はあるだろうけれど…。

特に子どもに好意的なのは、ひょっとしたら、愛情を注ぎきれないうちに取り上げられた我が子への愛の代償行為なのかな?などど、つい邪推してしまいます。
至らぬながらも自分も母親なので、もしも、自分が劣悪施設の繁殖犬だったら?と想像すると…
そら恐ろしいなどというレベルではないです。
ただただ、さくらや仲間たちに申し訳なく思います。加害者たちと同じ人間として。

せめて、人間にもいろいろいるのだということだけでも伝えられたら、という思いでいます。

このところ、さくらの保護主、J.A.P.様のブログに、色々な声が寄せられているようです。
(さくらは一時預かり犬なので、現時点でのオーナーはJ.A.P.様です)
応援も、協力も、意見も、批判も、中傷も。

このたびの一連のレスキューについて、「本当に虐待を受けていたなら、こんなに人懐こかったり肥満状態だったりするはずがない」との意見も挙がっているようです。

ただ、これは専門家でも何でもない、さくら達の飼われていた現場も見ていない私の推測にすぎませんが…

肥満状態の保護犬は、私が聞いた限りでは、チワワのみ。
チワワにもダックスにもヨーキーにもキャバリアにも、量の増減など考えずにただ適当に残飯を投げ与えて運動もさせずに閉じ込めていれば、当然、チワワにとっては食餌の量が多すぎ、肥満になっても不自然ではないのではないでしょうか?
現に、さくらと同時に保護された別のキャバリアちゃんは、ガリガリに痩せていました。

懐いているということについては、人間の児童虐待事件に置き換えて考えてみてください。
被虐待児は、それでも親が好きです。親を愛しています。
脅されて虐待を隠しているケースもあるそうですが、心底親を愛して、自分が悪い子だから叱られている、自分さえ良い子になれば愛してもらえると信じているケースは少なくないそうです。
教師や児童相談所、警察の聞き取りに対して「おかあさん、おとうさんはおかしなことは何もしていない。僕は何も困っていない。大丈夫」と答えて、緊急の保護は不要と判断され、その後虐待死してしまった子どもたちのニュースは、過去何件流れたか、私には数え切れません。
犬の知能は、幼児とほぼ同等といわれています。
この子たちが、まさに被虐待児の心理と同じように、人間をそれでも愛し続けたのだとは推測できないでしょうか?

昨日の記事の通り、さくらは慢性の外耳炎と重度の歯槽膿漏を患っています。
歯槽膿漏については、先生いわく「正直、手遅れ。『こうならないために歯石除去をしましょう』と飼主さんがたに説明しているのだけれど、ここまで来てしまうと、歯石除去の最中に相当な数の歯が抜けてしまうと思う。歯の状態が悪すぎて、歯からの年齢の推測がまったくできない」というレベルです。

百歩譲って、さくらが(推定)7年間心から愛されて飼われていたとしたら、繁殖場の管理者は何をどう間違ったらここまで酷い状態にできたのでしょう?
うちの仲居ABCD(猫ズ)には歯磨きはせずに10~8年一緒に暮らしていますが、さくらのような歯茎にはなっていません。
仲居Aは外耳炎を起こしやすい体質のようですが、仕草や臭いですぐに見つけて、病院にかかっています。
犬と猫で差もあるでしょうが、特別なことは何もしていない仲居たちは、正直、さくらより若々しい体です。
それでも、「さくら達は適切に飼われていた」と言えるのでしょうか?

故意なのか、無知によるものなのかは、それは私にはわかりません。
ただ、親が子に「しつけのつもり」で暴力をふるってもそれは立派な虐待であるように、この飼い方が正しい知識がなかったことによるものであったとしても、もはや「無知は罪」と言わざるを得ないレベルではないかと、私には思えます。

私とて、決して模範的な飼主ではありません。
でも、その私から見ても、さくらのこれまでの生活は悲しすぎます。

確かに、さくらは人間を疑いませんし、恐れません。
でも、だからこそ、露骨に怯えられるよりももっと、私の胸は痛みます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

テーマ:犬について考える - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう